ブログ運営

今すぐできる!ペルソナ設定のコツは『過去の自分』にある。

こんばんは、さと@satopic1です!

今回はブログを書く際の読者のニーズ把握や、ターゲット設定に有効な「ペルソナ」の設定方法を解説します。

・ペルソナってなに?
・記事を書くにはペルソナが大事とよく聞くけど、よくわからない
・ペルソナ設定のコツを知りたい

と感じるブロガーの方はいらっしゃると思います。

本記事では
「ペルソナを設定した記事を書くことによるメリット」
「効果的なペルソナを設定するコツ」について解説していきます。

ブログ運営をされてる方は必見です!

この記事はこんな人におすすめ

・ペルソナが大事と聞くけどよくわからない
・ペルソナのおすすめの設定方法を知りたい

ではどうぞ!

『ペルソナ』を設定した記事を書くことによるメリット

ペルソナとは。

ペルソナとは。
意味:人格。心理学では外向きの(表面的な)人格。
マーケティング用語:サービス・商品の具体的なユーザー像


◼︎名前
・ペルソナ1

◼︎プロフィール・基本情報
・年齢/性別/職業/家族構成/趣味嗜好

◼︎目標・目的・悩み
・何を目標にしてるのか
・何を目的にしてるのか
・どんな悩みがあるのか

◼︎情報収集の方法
・Twitter/インスタ/facebook/検索/テレビ/雑誌/新聞/直接

と言った具合に、

「特定の人物」に対して詳細な情報を書き出し、ターゲットとする手法を「ペルソナ」と呼びます。

ブログを運営している方であれば「ペルソナ」を設定することが大事ということはよく耳にすると思います。

では早速、なぜ「ペルソナ」を設定することが大事なのか?と言う疑問にお答えします。

ペルソナを設定する事で、読者に刺さる記事に仕上がる。

先に紹介した「ペルソナ」を設定する事で、「特定の人物」に刺さる記事を書くことができます。

「刺さる記事」を作成するメリットとして

・記事を読んだ人が実際の行動に移す確率が上がる。

・「特定の人物」と同じ悩みを抱えている人は大勢いる。なので「特定の人物」に向けて書いた記事でも結果として「大勢の人に刺さる記事」になる。

などが挙げられます。

では次は、「刺さる記事」を書くためにペルソナの設定方法を見ていきましょう。

ペルソナ設定のコツは『過去の自分』にある。

「過去の自分」から「コンテンツ作成」までの流れ

ペルソナ設定のコツは「過去の自分」にあります。

「過去の自分」から「ペルソナ」が生まれ、それがそのまま「ニーズ」となり、コンテンツを作成する「行動」に結びつきます。

では先ほど紹介したペルソナの例に沿って、「引越し前の自分」という過去からペルソナを設定していきましょう。

■過去の自分
引越しの時、様々なサイトを見ていて情報収集に時間がかかった。「これさえみておけば大丈夫!」という情報が欲しかった。
⬇︎
■ペルソナ
○プロフィール・基本情報
・年齢:22歳
・予算:20万円

○目的・目標・悩み
・彼女と同棲したい
・引越しを考えている
・親に住所がばれたくない
・引越しについて、なにを調べたら良いかわからない(初めての引越し)
・いつまでに何をしたらいいか知りたい
・情報収集に時間をかけたくない
⬇︎
■ニーズ
・引越しの手続き手順
・住所バレを防ぐ手続き
・以上が全て時系列でまとまっている情報
⬇︎
■行動
・ニーズを満たしたコンテンツを作る

といった具合に、できるだけ具体的に「過去の自分」を掘り下げてみてください。

すると、「ペルソナ設定」から「コンテンツ作成」までの道が一気に開けます。

実際にこのサイト「毒親育ちの新世界。」は、
「毒親育ち」という過去の経験をもとに、「毒親で消耗して悩んでいる人」に対して記事を書いています。

実際に毒親育ちで悩まれている方も僕のことをフォローして下さっています。

できるだけ具体的に「過去の自分」を掘り下げ、「コンテンツ作成」に結びつけましょう。

過去の自分を分析するために「自己分析」が有効。

「過去の自分」を掘り下げる方法として「自己分析」が挙げられます。

自己分析をすることでより詳細に自分のことを知ることができます。
いわば「自分」という名の「ネタ帳」が出来上がります。

そうすることで、ブログネタに困ることもなくなるので非常におすすめです。
例を挙げると

就活をしている時の自分は

・何を頑張っていた?
・何がめんどくさかった?
・何に喜びを感じた?
・何に怒りを感じた?
・どういう人が好きだった?
・どういう人が嫌いだった?

といった具合に、かなり細かく分析します。

そうすると、「過去の自分」が明確になり、より明確な「刺さる」記事が執筆できる、というわけです。

その「自己分析」の真髄を知るためにおすすめの書籍がこちら!

この本で「自己分析」の真髄を学び、
ぜひ「自分」という名の「ネタ帳」を作ってください。

「刺さる記事」を書くスキルのほかにも「自己理解」のスキルも身につきます。
大いにコンテンツ作成に役立てください。

まとめ

■ペルソナ設定のコツ
・「過去の自分」から「ペルソナ」が見つかる。

・「ペルソナ」から「ニーズ」を生み出し「行動」に繋げることで、特定の人物に刺さる記事が書けるようになる。

・「特定の人物」と同じ悩みを抱えている人は大勢いるので、結果として多くの人に届く記事になる。

・過去の自分をより深く知るには「自己分析」が有効。

・「自己分析」で自分という名のネタ帳を作ろう!

紹介コーナー

参考記事

こちらの記事はHaruさん(@yurupura_haru)の記事を参考にし、学んだことを記事にさせていただきました!
Haruさん、ありがとうございます!

「自己分析」におすすめ書籍

またね。さと@satopic1でした!