ブログ運営

【初心者向け・超簡単】ブログ記事のタイトルの決め方を解説。

こんにちは、さとです!

すぐ簡単に実践できるSEO対策を知りたい!
タイトルのつけ方をマスターしたい!

そんな方々に朗報です。

今回は、「 すぐ 」「 簡単に 」実践できるSEO対策の一つ、

「 タイトル 」の決め方を紹介します。

タイトルは、いわば店の看板のようなもの。
店の看板がしょぼかったり汚かったりしたら入る気も失せるというものです。

それと同じように、適切でないタイトルではユーザーもサイトを訪問してきてくれません。

今回は「 最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座 」で学んだ内容を参考にしました。

この本を参考にしました

「 SEOの仕組みってなに? 」

「 上位表示される仕組みってなに? 」

という疑問には、
以下の記事でお答えしています。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んで実践すれば
あなたもタイトルマスターです!!

ではどうぞ!

SEOを意識してタイトルを設定するメリット

  • 自分のコンテンツが検索で上位表示されやすくなる
  • 上位表示されることであなたのサイトにアクセスする人が増える
  • アクセスされることでより自分のコンテンツを発信できる
  • 発信されることで、より多くの人の目に止まる
  • 多くの人の目に止まることで収入に繋がる

SEOを意識したタイトル設定をすることで、このようなメリットが得られます。

中でも「 記事タイトル設定 」は、最も手軽にできるSEO対策のひとつなので、
ぜひ実践してみてくださいね!

では実際にどんな対策をすればいいのかを紹介していきます。

タイトル作成のコツ

キーワードをそのまま記述する

例えば「 Webライター 副業 」というキーワードで上位表示させたいなら、
まずは「 Webライター 副業 」という語句をそのままタイトルに入れるべきです。

そのまま入れるだけ?!すごく簡単だね!

同じ「 Webライターを副業にしたい人 」に向けて書いた記事でも、
キーワードを入れないとGoogleの検索ロボット(=検索エンジン)に読み込まれません。

以下に例を記載します。

「 Webライターを副業にする手順 」

「 Webライターになりたい人へ。 」

伝えたいことが同じでも、
「 悪い例 」で紹介したタイトルでは、「 Webライター 副業 」では上位表示されることはないでしょう。

せっかく書いた記事もタイトル一つで見られなくなってしまうなんて悲しいですよね。
ですので、キーワードはしっかりタイトルに盛り込みましょう。

不要な文字は使用しない

” ★ ” ” スペース ”
など、普段僕たちが使用する記号。

実はこれらの記号は、検索エンジンに読み込まれません。

Webライター希望者必見! 副業にする手順を解説!

例えばこのタイトルには
このように「 必見! 」と「 副業 」の間にあるスペースがあります。

このスペースは検索エンジンには正しく読み込まれないことがあるので、
スペース以降の「 副業にする手順を解説! 」が省略されてしまうケースがあります。

” ★ ” ” スペース ”
などの記号は正しく読み込まれない上、
なるべく短い方が好ましいタイトルを長くしてしまう要因にもなります。

記号を使用するのは最小限にし、
不必要な記号の使用は最小限に留めましょう。

30文字前後に収める

30文字を超えてくると検索結果のタイトルのテキストが全て表示されません。
そうなると伝えたい内容も伝らなくなってしまいます。

「 タイトルはできるだけ端的に記述する 」ということを心がけましょう。

サイト内の重複に注意

一定のテーマでブログ運営をしていて記事が蓄積されていくと

どうしても記事の内容が似たり寄ったりなものになってきます。
そうすると「 タイトルの重複 」が発生することがあります。

タイトルの重複が発生すると、検索順位を落とされる可能性があるので

タイトルをつける際には似た記事がないか確認して、同じようなタイトルにするのを避けていきましょう。

まとめ

ここまで、タイトル作成のテクニックをまとめました。

  • キーワードをタイトルに入れる
  • 不要な文字は使用しない
  • 30文字前後に収める
  • サイト内でのタイトルの重複に注意
SEO対策は幅が広く、どこから学んだらいいかわからない!

という方も多いかと思います。

ですので

「 簡単なものから覚えていく 」

のがSEOのベストな勉強法ではないかと思います。

簡単な知識をマスターし地盤を固めて、
知らないことが明確化され、
新たな知識を欲するようになる。

そのサイクルこそが学習する上での好循環です。

これからもコツコツ学習して、実践していきましょう!

さと
さと
最後まで読んでくれてありがとうございます!またね、さと@satopic1でした。
この本を参考にしました