毒親

毒親に復讐したくなる気持ちはあって当然。何も悪くない。

こんにちは、さと@satopic1 です!

今日は毒親への「復讐」をテーマに書いていきます。

毒親と子供の関係は、親が勝手に作り出した「上下関係」にあります。

いつだって
あなたに対して上から目線で
あなたの気持ちを尊重せず
あなたのことを侮辱し
あなたのことを否定し続け
あなたの心を蝕んできた「毒親」。

そんな「毒親」に復讐、仕返しをしたくなるのは当たり前の感覚です。

しかし、同時にこんな事も思いませんでしたか?

・いくら「毒親」だからといって復讐するのはやりすぎじゃ・・・
・今まで育ててくれたのだから、私が復讐なんてする資格は無い。
・周りに知られたら何か言われそうで怖い。

そう思うのもまた、当たり前の感覚ですよね。

親が憎い。復讐したい。だけど、そこまでしていいのだろうか。

そんな迷いを持つ方のために、本記事を参考にしていただければと思います。

この記事はこんな人におすすめ

「毒親」に復讐・仕返ししたいけどそこまでするべきかどうか迷っている人
・毒親に悩まされている人すべて

ではどうぞ!

毒親に復讐したくなる気持ちはあって当然。

復讐されても仕方ない事を「毒親」はしている。

まず、あなたが今まで親にされてきた嫌なことを思い出してみてください。

・暴力
・侮辱
・否定
・考え方の強要
・金銭の強奪

などなど。多種多様だと思います。
思い出したところで冷静に考えてみて欲しいのが、果たしてその行為を「許す」意味があるのかどうか。ということ。

いくらあなたを産み育ててきたからといって、それらの行為を許していい理由にはなりません。
決して許してはいけないんです。

このように、復讐されても仕方がないことを「毒親」は平然と行なっているのです。

大切なのは「復讐してやりたい」という思いを我慢しないこと。

大切なのは、「復讐してやりたい」という思いを我慢しないことです。

前述したように、毒親はあなたの大切な人生の一部を台無しにしてきました。放っておけばそれはこれからも続きます。約20年、あるいはそれ以上。それほどまでの時間を奪う権利は何人たりともありません。当然「親」も例外ではありません。

だから、あなたの人生をこれ以上毒親に奪わせないために「復讐」をするのです。

「復讐」には労力も勇気も要ります。だからこそ「復讐してやりたい」という気持ちを持つことは大切なのです。

さあ、「幸せ」になって「復讐」しよう。

「幸せ」になることが「復讐」。

「毒親」の中には、子供が幸せそうにしていると嫌悪感を示すタイプの親がいます。

「私は幸せになれなかったのにお前だけ幸せになりやがって」

つまり、嫉妬ですね。
相手を自分のレベルに引きずり下ろすことで快感を得る生き物です。
例えば僕の親は、テレビで芸能人を見ていると「こいつは楽して飯食ってる」「こいつの飯代は番組が出してくれる」と言い、僕が友達と遊ぶことを知ると「いいよなお前だけ好き勝手遊んで。」と言います。

なんの利益も生まないその発言を聞くだけで辟易しました。
ただ、周りが自分のレベルに落ちればそんな文句も出ないんでしょう。

そうであれば話は早い。絶縁して幸せになってやりましょう。
そうすれば親は嫉妬して嫌がる。
それが「毒親」に対しての「復讐」です。
最初は嫌がらせのメール・電話が後を絶ちません。僕は3ヶ月近くちらほらきてました。
人によっては1年・2年という単位の方もいます。

ですが、永遠には続きません。
絶縁・復讐したての頃はそういった痛みを伴いますが、永遠には続かないということを覚えていて欲しいのです。

毒親に攻撃を仕掛ける必要はありません。そこに労力を費やすもは正直無駄です。
それなら自分が幸せになることに労力を使いましょう。幸福感も得て、復習もできて一石二鳥です。

親と絶縁しても法的にはなんの問題もない

一般的な家庭は、

「親子仲良い」
「盆正月は実家に帰る」
「結婚式に呼ぶ」
「子育てを手伝ってもらう」
「老後の面倒をみる」

こういったことが当たり前な文化ですが、

これはあくまで「文化」であり、「法律」で定められていることではありません。
結婚には親の承諾が必要という思い込みもありますが、そんなことはありません。
親は関係なしに婚姻関係を結ぶことは可能です。

もちろん罰せられることもないのでご安心を。

「毒親への復讐」に否定的な人は無視。

親を「毒親」呼ばわりしていると、

「親はお腹を痛めてあなたを生んで育ててくれたんだよ」
「少しは親の気持ち考えたらどうなの」
「親への感謝が足りないよ」
「親に感謝すべきだ」

このような人種は湧いてきます。
その人たちは、「自分の世界という極めて小さな枠組みでしか物事を考えられない小さな人間」です。
なので全て無視してOKです。

確かに、毒親育ちの人の気持ちは毒親育ちにしかわかりません。しかし、少し想像すればわかるはずです。
一番安心できるはずの家が、一番安心できない場所なんです。そんな状況でどうして親に感謝ができますか?

その程度の想像力も持てない人間とは関わるべきではありません。
僕はSNSでそういう人が絡んできたら、理詰めの罵詈雑言を浴びせた後でブロックします。

ぜひこの対応を参考にしてみてください。
これも「復讐」のモチベーション維持に最適です。

おわりに

親が憎い。復讐したい。でもそんなことしていいのだろうか?

その問いの答えは、
「幸せになることが復讐」です。

それが最もあなたが最短で親に復讐できる方法でしょう。

しかし、あなたが勇気を持って動き出すと必ず批判する輩が生まれます。その人たちの言う事には耳を傾けてはいけません。

なぜなら、あなたの人生なのだから。

さあ、勇気を持って舵を切りましょう!

またね。さと@satopic1でした!