写真・カメラ

【写真・カメラ】北海道の廃線跡のロマン

北海道には、国鉄時代や、かつて廃線になった線路の跡が点在しています。

中には

・線路が残っているところ

・線路は取られているが、かつてそこに線路があったんだな、と思わせるような場所

・かつて活躍した車両が保存されている場所

などの種類があります。
今回は北海道の廃線跡を紹介していきます。

相生線(あいおいせん)

北見相生駅

f:id:satopic:20181211223022j:image

道の駅の裏に「相生鉄道公園」があり、その場所が廃線跡となっています。

左側にあるのは駅舎とホーム。

f:id:satopic:20181211224519j:image

旅客車両が保存されています。

手宮線(小樽市)

手宮線跡

f:id:satopic:20181211222820j:image
今は観光地としても知られています。

小樽市内にあります。

名寄本線 中湧別駅(湧別町)

中湧別駅跡(道の駅の隣)

f:id:satopic:20181211222829j:image

この駅は珍しく、ホームや連絡跨線橋、除雪車両が保存されています。

廃線ファンには垂涎ものじゃないでしょうか。f:id:satopic:20181211223038j:image

年季が入った駅名標。時間が止まっているようです。

廃線跡も北海道の魅力のひとつです。廃線・鉄道ファンの方はぜひ車で廃線跡巡りもしてみてはいかがでしょうか?

またね。さとでした。