生活の知恵

【生活の知恵】固まった砂糖はパンを入れればサラサラに。

f:id:satopic:20190124205142p:image

こんばんは、さと@satopic1です!

今日は普段の生活のお悩み解決にフォーカスしていきたいと思います。
砂糖、放っておいたらカチカチになりますよね。カチカチになって扱い辛くなり、
ガリガリ削った経験、あるかと思います。(僕もあります。笑)

元のフワフワサラサラな砂糖に戻したい、、、!!

そんなお悩みを解決します。

まず「砂糖をサラサラにするには?」という結論から述べ、豆知識程度に「砂糖がカチカチになるメカニズム」を述べていきたいと思います。

パンを砂糖ケースに入れる

f:id:satopic:20190124202043p:image

用意するのは「パン」。

これだけです。パンならなんでもいいです。

⬇︎こんな感じで、パンをちぎって入れて一晩置きます。⬇︎

f:id:satopic:20190124202407j:image

それだけで、砂糖はサラサラになります。

もうゴリゴリしなくていいですね!!

次は豆知識程度に、砂糖が固まるメカニズムを説明していきます。

砂糖は「湿気を吸って乾燥」により固まる。

・店頭に並んでいる開封前の砂糖

f:id:satopic:20190124203558p:image
・購入し、保存容器に入れた砂糖

f:id:satopic:20190124203859p:image
この2つの固まり方を比べると全然違いますよね。

1の砂糖は固まりませんよね。
2の砂糖は放っておくとカチカチになります。

その理由を少し調べると、

工場で袋詰めにされる前に「糖蜜」をふきかけて仕上げます。
砂糖にはもともと固まりやすい性質があり、
サラサラの状態を保つためにこの「糖蜜」が吹きかけられているという訳です。

なので、
店頭に並んでいる袋を開けていない砂糖は
サラサラに保たれているいうことです。

ですが、

砂糖を開封した時点で「糖蜜」の水分が抜け始めてしまい、
もともとくっつきやすい性質のある砂糖は、固まってしまうという訳です。

まとめ

1.パンをちぎって入れれば固まった砂糖はサラサラになる

2.砂糖はもともと固まりやすい性質がある。しかし「糖蜜」のコーティングによってサラサラに保たれている。

開封することで糖蜜の水分が抜け、砂糖は固まる。

これで固まった砂糖をゴリゴリする生活とはおさらばしましょう!!

またね。さと@satopic1でした!