写真・カメラ

【カメラ・写真好き必見‼︎】神接客。栃木のカメラ屋さん、サトーカメラに行った。

※今回の記事はカメラ・写真好き必見です。※

以前書いた

「モノが売れない時代の繁盛の作り方/佐藤 勝人 著」

を読み、

サトーカメラのYouTubeを見て。

「サトーカメラ」という会社に激しく興味を持ち、急いで飛行機とレンタカーを予約し、

そして先日実際に足を運び、接客を受けて

フルサイズ用レンズ

「SIGMA(Art)  14mm F1.8 DG」

を購入しました。そして、

たくさんのものも貰いました。「モノ」だけではなく。

今日は「カメラ・写真好きの方が、是非サトーカメラに行って欲しい」と感じた理由をまとめていきます。

ではどうぞ。

店内は、とても入りやすい雰囲気。

この日は、ロック曲がかかっていました。笑

家電量販店によく見られる

「求めてもいないのに寄ってくる」

「なんか無言で近くにいる」のがありません。

自分のペースで色々と選べたり、自分のタイミングでスタッフに話しかける事ができるからストレスフリー。なんかもう、絶妙です。

店内には手作りのポップや装飾が施されていて、賑やかです。

子供だけでも足を運びやすいと思います。(実際小学生~中学生くらいの子?が来てた)

スタッフの知識量が凄まじい。そして話が弾む。話しやすい。

写真の設定の意味から何から何まで相談できます。

かと行って知識武装感もなく、非常に話しやすいです。

レンズの魅力をリアルな体験談とともに説明してくれて、実際に店舗の外に連れていって外で撮影させてくれたり。

話しているうちにいつしか緊張もほぐれ、いつの間にかこっちも話したいことがホイホイでてきてしまいます笑

・カメラ談義

・カメラを始めたきっかけ

・人生観

・仕事観

・雑談

・雑談

・雑談

こんなことを話してそうこうしてるうちにいつのまにか2時間が経過。

前述した書籍「モノが売れない時代の~・・・」に書かれていた「2時間接客」ってこれか!!って思いました。

その時の気持ちとしては、

「僕にこんなに時間を割いて頂いてありがとうございます」

って感じです。

こりゃリピートしたくなるわ。。。

また来たいと思える。

出る時は丁寧に送り出してくれました。

翌朝また同じ店舗に行くと、担当してくれたスタッフの方、さらっと顔と名前覚えててくれてたんですよ。

嬉しいですねぇ。

店の中を見渡してみると、常連と思わしき人が数人いました。老若男女問わずです。

駐車場も平日の夕方なのに、ほぼほぼ満杯でした。(これは他の店舗もそうでした)

これだけ地域の人に愛されているのには、理由があるんだなと肌で感じました。

やはり

支持されているのがインターネットでわかっていても、

当該企業の経営者の本を読んで会社の中身を知っても、

自分で見て、聞いて、感じて、考えないと、自分の体験した生の言葉にはならないんだなと感じました。

来てよかった!

そして、また来たいと思いました!

新たに手に入れたSIGMAのリーサルウェポンで、僕の世界をどんどん広げていきます。

さあ、今度は何を撮ろう。

またね。さとでした。