毒親

【胸糞注意】僕が毒親と「 絶縁 」した経緯〜兄の背中を見て。〜

こんにちは、さと@satopic1です。

今回は僕が毒親と「 絶縁 」した経緯について、
僕の兄に起こった実例を交えながらお話ししていきます。

こんな人におすすめ

・親との絶縁を考えている
・結婚を考えているけど、「 親 」の存在によって踏み切れない

今回は絶縁の方法を解説した記事ではありませんので、
上記のような悩みを抱えている方の参考までに、と思っています。

この記事に書かれている実際の両親の行動の描写がありますが、
読んでて怒りを覚える中身となっておりますので、
読まれる際は自己責任で宜しくお願いします。

あえて最初に書いておきますが、絶縁する上で一番大切な心構え

「自分の幸せ」を最優先で考える

事だと、僕は考えます。

まずはぜひこの事を大切にして頂けたらと思います。

ではどうぞ!

親との絶縁を考えたきっかけ

今後親と関わることによるデメリットが絶大

現在の彼女と付き合い始めて自分の将来を考えた時に、

この親と今後も関わっていくことで生じるデメリットがあまりにも多すぎる

と確信したのが「 絶縁 」に踏み切ったきっかけです。

正直、遅かれ早かれ絶縁をすることは考えていました。

ですが、今までは被害を受けているのが「 自分だけ 」だったので絶縁には踏み切っていませんでした。

しかし、ダラダラ親と関わることにより、彼女にも毒親の被害が生じる。

そのことを僕は確信していました。

なぜ確信できたのか?(兄の実例)

なぜ確信できたかと言うと、

兄が結婚するときの出来事を知ったからです。

では実際に兄に起きた出来事を書いていきます。

説得を進めるも「 まだ早い 」の一点張り

兄が結婚するとき、両親は反対しました。

反対の理由は「 まだ早い 」の一点張り。

しかし当時兄は26歳。収入もあります。
当然精神的にも安定はしているわけで、

「 まだ早い 」と言われる要素は一切見つかりません。

なぜ、「 まだ早い 」のか。

兄が理由を聞いても一切口を開こうとしません。
「 自分で考えろ 」と言い、話そうとしないのです。

兄はどうしても親を説得したかったようで、

事前に親に時間を作ってもらい

兄の彼女さん(現・奥様)と一緒に実家に泊まりこんでいました。

さと
さと
この「実家に彼女を呼ぶ」と言う行為、一見誠意があるようには見えますが、危害を加えることが明白な親がいる所に呼ぶのは極めて危険です。今思えばゾッとします・・・

何度も説得を繰り返すも、話は平行線。

そんな中。「 事件 」が起きます。

彼女さんに50枚以上の誹謗中傷の手紙が送りつけられる

兄以外に被害が及ぶ。

恐れていた事態が起きてしまいました。

彼女さんに対する誹謗中傷が殴り書きで書かれた手紙が便箋で50枚近く。

それを数回にわたって行われていた、

と言う事実が発覚しました。

これには流石に温厚な兄も激昂。

親に問い詰めるも「 私は悪くない 」の一点張り。

これでは話になりません。

真摯に親と向き合おうと思っていた最中に起こった出来事なので、
彼女さんも相当ショックだったとのことです。

説得に1年以上かかる。

  • 親御さんのことを理解したい
  • できることがあれば力になりたい

真摯に向き合う彼女さんの気持ちを尊重した兄。

「親に理解を得て、結婚したい」

その一心で行動していた二人でした。

その真摯な気持ちを踏みにじるかのように、親は

  • 事前に時間を設定したのにも関わらず時間を守らず寝る、留守にする
  • 2人は真剣に話しているのに母は話半分でテレビ見る
  • 父はほぼ無関心。暴走する母を止める気すらない。
  • 彼女さんを誹謗中傷する

これらの行動を平気で行っていました。

このとき、一連の説得には1年以上かかっています。

そんな中での親からの手紙攻撃。
もう二人とも疲弊しきっていました。

最終的には、半ば強引に家を出て許しを得た(?)
形にはなりましたが

結果的に1年以上という大切な時間を奪われたことになります。

兄の実例を自分に置き換える。

兄には、両親に不快な思いをさせるような落ち度は一切ありません。

にも関わらず

  • 事前に時間を設定したのにも関わらず時間を守らず寝る、留守にする
  • 2人は真剣に話しているのに母は話半分でテレビ見る
  • 父はほぼ無関心。暴走する母を止める気すらない。
  • 彼女さんを誹謗中傷する

と言う事態が起きました。

しかも1年以上にわたり。

では、僕と彼女にそれと同じことが起きない保証はあるのか?

と言う疑問が生まれましたが、

答えは即答で「NO」です。

真剣に物事を考えようとしない相手に話すことは無いし、
時間の無駄です。

そして何より許せないのが「 大切な人に危害を加える 」こと。

今までそれを平気でやってきた人間なら、
危害を加える可能性は極めて高いのです。

自分自身の生活にも害を及ぼす(金銭トラブル・ストーカーなど)事は明確です。

そうとなれば答えは一つ。

「 絶縁 」です。

以上が親と絶縁をするきっかけになった出来事です。

おわりに

冒頭に述べました、

「自分の幸せ」を最優先で考える

この信念に従い、僕は「 絶縁 」と言う決断をしました。

人それぞれ親に対して思うことはありますよね。
それはここでは説明しきれない位の複雑な感情です。

ですが「 自分の幸せって何だろう? 」と自問自答して
出てきた答えに、

親の存在は必要なのか?

と、冷静に考えてみるのも一つの手かと思います。

さと
さと
「お問い合わせ」フォームからいつでも質疑応答・相談を受け付けています。
TwitterのDMでも構いません。時間の許す限り受け付けていきます。

またね!さと@satopic1でした。